【作り方と費用は?】デグー自作ケージを作った理由【問題点は?】

デグーとの暮らし

グーを飼うにあたって悩ましいのが、ケージの選び方ですよね。

アクリルケージや金網ケージなど、さまざまな種類が市販されています。

我が家は2匹の多頭飼いですが、1匹は小さめのケージで飼っていました。

小さいケージで飼っているハルと大きなケージで飼っているチャコを比べると、

小さいケージのハルはよく金網を齧っていました。

もしやストレスを感じているのでは?と考え、ケージを自作することにしました。

この記事では、自作ケージを作るに至った理由と、作った後にわかった問題点を書いていきます。

この記事の内容
  • 金網でもアクリルでもなく、自作ケージにした理由
  • 自作ケージの作り方
  • 作ってわかった、自作ケージの良かったところと問題点
スポンサーリンク

自作ケージを作ることにした理由は?

理由としては、2つほどあります。

  • 金網を齧る癖があった
  • 小さいケージで飼育していると、ストレスを感じるのでは?と考えた

我が家では、2匹のデグーがいますが、はじめはどちらもイージーホーム40ハイ相当のケージに住んでいました。

その後、同居を夢見てイージーホーム80ハイという大きなケージを購入しました。

しかし喧嘩をしてしまうため、片方をイージーホーム80ハイで、もう片方をイージーホーム40ハイで飼うことにしました。

すると、イージーホーム80ハイへ引っ越しをしたチャコは、ケージの齧り癖や、部屋んぽしたいアピールの回数が減ってきました。

(毎日たくさんの時間部屋んぽさせてあげれば良いかもしれませんが)

広いケージの方が、ストレスがないのかも、快適に過ごせるのかもと考えるようになりました。

イージーホーム40ハイは多くの方に愛用されいます。

性格や、一緒に遊んであげる時間など、たくさんの要素があると思います。

ケージの拡張によるストレス軽減は、多くの解決策の1例として捉えてください。

ケージを作ってみた

同じイージーホーム80ハイを飼っても、金網を齧る癖が治らないかもしれないと考え、自作してみることにしました。

今回作ったケージ
  • 広さ重視
  • 前面を透明な素材をつかって、映える写真の撮れるケージに
  • 金網をなるべく使わない
  • 床材はお掃除を考えて金網スタイル
  • 通気口は左右2か所

それでは、サクッと作っていきましょう!

ケージの作りの材料

今回使用した材料とおよその大きさはこんな感じ

・木材 30センチ角 長さ910mm

・木材 45センチ角 長さ910mm

・バーベキュー用の網 600mm×900mm

・ベニヤ板 910mm×600mm

・アクリル板(よりも安い透明な板) 910mm×600mm

・丁番とドアを閉めるやつ

・壁用のアミアミ

・電気コードを通す用の小さい網(100円ショップ)

・木材を打ち込む スリムビス

およそ2万円ちょっとかかりました。

木材やパネルは、450mm・600mm・910mm・1820mmあたりのサイズが多いので、

それらをベースに作るとサクサク作ることができます。

ケージを作ってみる

DIYをするときには、木がずれると困るので、クランプで押さえます。

本当は、コーナークランプがあると便利です。

木目の方向によっては、簡単に割れてしまいます。

ビスを打ち込む前には、少し小さいドリルで下穴をあけてあげると、木が無駄になりません。

床の枠をつくって、ドアを付けて。

なんだかんだ1日くらいかかりました。

大体完成したのはこんな感じ!

まだ、網の下がフリーなので、床にペットシーツ直置き

電気コード用の網の取り付けが雑ですね。もう疲れちゃったの。

図面もなしに作ったから、ドアなんて継ぎはぎだらけ。

自作ケージのメリット・デメリット

ケージを自作してみた感想としては、こんな感じ

・広々したケージしたため?ケージを齧ったり、遊べアピールが減った気がする

・透明な板を使うことで、デグーがきれいに見える(←超よかった)

・木製なので、ステージを足したり簡単に自由が利く

木材の齧れる場所があるため、メンテナンスが必要

クリアで映えるだろう?

ケージの外から撮っているんだぜ?

 

おおむね満足ですし、ハルも満足していると思うけど、

4面フラットで齧れない+1面は透明+2面は通気用のアミアミみないなケージにしたいなぁ。

次回の課題ですね。

でも、4面フラットにすると、ふれあいコーナーが無くなっちゃう。

でも、。ふれあいコーナーを作ると、そこから齧られていく…

ここで言うふれあいコーナーとは、ここ↑

というか、すでに齧られてますね。

いつかアクリルケージも購入してみようかな?

タイトルとURLをコピーしました