デグーってどんな動物?アパートでも飼える?

デグーとの暮らし

最近ペットショップでよく見る、デグー。

その愛らしい姿から、近年人気が出てきました。

きょうは、まだデグーを飼ったことのない方に向けて、

デグーの特徴と基本的な買い方について紹介します。

筆者のプロフィール

・デグーと暮らして10ヶ月

・さまざまなペットと幼少期を過ごす

・現在は妻とデグーの3人暮らし

・アパート住まい

スポンサーリンク

デグーが人気の理由は?

デグーが人気の理由として、知能の高さがあります。

デグーの人気の秘密
  • 社会性が高く、比較的なつきやすい
  • 小さな動物のなかでも、知能が高い
  • 多彩な鳴き声でのコミュニケーションと表情

デグーは、もともと集団で生活を営んでいます。

知能も人間の3歳くらいというくらい、小型の動物では1番の秀才です。

そのため、比較的なつきやすく、コミュニケーションを取りたい飼い主さんに、人気があります。

※もちろん個体差がありますので、なつかないからといって、嫌いになってはダメですよ

約15種類の鳴き声を、生まれながらにして持っているといわれ、

鳴き声をによるコミュニケーションが多彩です。

頭もよいので、どこかリアクションも人間臭いところもあります笑

ぴよチカ
ぴよチカ

うちの子は、餌を落として、( ゚д゚)ポカーンって感じのリアクションをしてるね!

 

こんな風に、芸?も覚える子もいますよ。

 

同じげっ歯類のハムスターと比較すると、

ハムスターは一緒にたわむれるというよりも、観察をして癒やされるタイプの動物ですね。

 

デグーの場合は、コミュニケーションを取りながら癒やされるタイプの動物です。

そのため、1日数十分は構ってあげないと、ストレスにもなってしまいます。

事情があって、猫や犬は飼えない!なんて方は向いているかもしれませんよ。

デグーってどんな動物?

デグーは、げっ歯類と呼ばれる、ネズミの仲間です。

・大きさ:12~10センチほど(除くしっぽ)

・体重:170グラム~300グラム

・寿命:5~8年くらい

・主食:チモシー(牧草)

・お風呂:砂浴び

・しごと:走ること・木を噛むこと

・トイレ:覚えない個体が多いとされている

・におい:草食性のためほとんどしない

デグーは糖尿病になりやすい体質です。

副食としてペレットや専用フードなどを与えることもありますが、与えすぎないようにしましょう。

もともとチリのアンデス山脈などの山岳地帯に住んでいました。

そのため、上下運動や回し車での運動が大好きです。

また、前歯は伸び続けるため、チモシーやかじり木を噛むことで、歯の伸び過ぎを防いでいます。

金網をかみ過ぎたり、柔らかい食事ばかりですと。不正咬合など噛み合わせ不良をおこしてしまいます。

必ずかじり木を用意してあげましょう・

前歯がオレンジ色になっているのは、健康の証です。

昼行性のため、基本的には昼に活動し、夜に眠ります。

ぴよチカ
ぴよチカ

ときどき半目でお昼寝してるねー

賃貸やアパート・マンションでも飼える?

私はマンションでデグーを飼育していますが、隣の部屋まで鳴き声は届いていません。

ある程度の配慮をすれば、十分に飼育可能です。

・大家さんと管理会社さんの許可

・柱と電気コードなど、かじられそうな部分を保護

・エアコンの設置

まずは、大家さんとの許可が必要ですね。

ゲージの外に出して、気分転換お散歩ならぬ、部屋んぽをさせることもあるでしょう。

好奇心旺盛なので、ゲージのそとにも出たがりますしね。

そのときに大切なのが、柱などの保護。

デグーは取りあえず、1回かじってみる習性があります。

かじられたらまずい場合、ペットフェンスなどでしきるなど、対策が必要です。

(まさか、フローリングの床材をかじるとは思いませんでした…)

次にエアコンの設置。

デグーの適温は20度~25度といわれています。

動物ですので、多少の上下は大丈夫です。

しかし、熱中症になるような温度下ではいけませんね。

夏場に室内が30度にもなるような地域でしたら、エアコンを設置しましょう。

まとめ

デグーは小さい体の中にも、豊かな感情と知性をそなえた、とてもカワイイ動物です。

いちど飼い始めると、5年以上の長いおつきあいになるかと思います。

もし興味がわいた方は、たくさん調べてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました