【SwitchBot】外で温度をみたり、エアコンを入れたい!【ペット】

生活雑貨

夏場がやってきて、アッつい季節。

特にペットが居ると、急激な寒暖差にヒヤヒヤしますよね。

外出先でもアプリから部屋の気温を確認できる SwitchBotとSwitchBotハブミニを購入したので、紹介します。

リモコンを登録すると、エアコンの操作できちゃう!

価格も5,000円程度で購入できます。

     \やすーい/

スマホ対応のエアコンを買えない!けど、ペットのために安心したい!

なんて方にはオススメです!

スポンサーリンク

SwitchBotハブミニと温湿度計で何ができるの?

SwitchBotで検索すると、なにやらアイテムがたくさん出てきます。

今回はSwitchBotシリーズのアイテムの中で、中継機となるハブミニと温湿度計を購入しました。

SwitchBot ハブミニ

SwitchBot の各商品と自宅のwifiをハブミニに登録するとプチスマートハウス化

外出先でも SwitchBot製品の情報確認と操作ができる

家のリモコンを登録すると、アプリから家電製品を操作できるようになる

・GoogleアシスタントやSiriショートカットなどから音声コントロールができるようになる

SwitchBot温湿度計

・ SwitchBot アプリから温度と湿度を確認できる

・ SwitchBot ハブと組み合わせれば、外出先でも温度と湿度の確認ができる

SwitchBot ハブと組み合わせれば、設定した温度状況になると、自動でエアコンを運転させることもできる

つまり、wifiと連動させることで

・スマホで温度チェック+エアコンの操作ができる!

これは、すごい。

デメリットとしては、何度に設定されているのかスマホからは確認できないという点。

リモコンの画面と連動しているわけではないので…

電源入れた状態で冷房がかかるようでしたら、そのまま冷房が掛かる感じですね。

本番で使う前に、お家で予行練習しましょう。 

 

ぴよチカ
ぴよチカ

そもそも、高性能スマートエアコンに買い換えれば良いのでは?

よめチカ
よめチカ

その前に自分の給与確認してはいかが?

ぴよチカ
ぴよチカ

うっ…(T_T)

最近はエアコンなどもスマート家電化してきているため、ブルジョワな方々には必要ないかもしれません。

ぴよチカ家のような賃貸に最初っからガスエアコンなんて産廃が付いてきた…賃貸に住んでいる方には、とってもいいアイテムですね。

エアコンをつけていても、温度チェックもできますし、安心感はマシマシです。

SwitchBot ハブミニと温湿度計を設置してみた

外箱はこんな感じ!

箱がめっちゃ開けにくかったので、外箱はボロボロです。

みっちみちに商品が入ってた模様。

それぞれクイックガイドとお好みで使用できる両面テープ

SwitchBot ハブミニにはUSBCケーブル  SwitchBot 温湿度計には乾電池が付属されてました。

SwitchBot でアプリを検索し、ダウンロードします。

メールアドレスとパスワードを決めると、認証コードの記載されたメールアドレスが届くので、それらを打ち込み会員登録が完了!

 

次はハブミニの設定

トップ画面の【三】を選んで、左上のメニューボタンを開き、ディバイスの追加からハブミニを選択します。

こんな感じで、イラストに従ってポチポチしていき、wifiに接続。

温湿度計も同じように操作していきます。

ディバイスの追加から温湿度計を選択肢、ポチポチしていきます。

温湿度計のなまえを登録できるので、複数個つかう場合はべんりですね。

無事に登録がおわり、アプリのトップ画面にハブミニと温湿度計が表示されました。

 

次に、ハブミニにお家にあるリモコンを登録してみましょう。

トップページのハブミニをタップすると、ハブミニの個別メニュー画面となります。

新しいディバイスをと追加するを選択肢、登録したい家電製品を選択します。

リモコンの登録方法は「スマートラーニング」と「マニュアル」があります。

スマートラーニングは、リモコンから該当機種を勝手に読み取ってくれます。

マニュアルは、メーカー名からリモコンを絞り込むことができます。

該当機種がない場合、マニュアル→カスタマイズと選択します。

すると、リモコンのボタンを1つづ学習させることができます。

うちのエアコンは産廃型が古いため、乗っていませんでしたので、カスタマイズモードで学習させました。

「シーン」設定で、〇〇温度以上で運転する設定もできる!

SwitchBot のシャレオツなところは、特定の条件時の動作を設定できます。

たとえば…

・25℃になったら自動で冷房を入れたい!

・何時から何時だけつけておきたい!

・ボタンひとつで、家中のシーリングライトを全部消したい!

そんな、あなたの夢、叶えます!!!!笑

しかも、5,000円そこそこで!

スマート家電やスマートホームを軽く体験したい方にも、お試しなら我慢できるお値段ですね。

 

シーン機能の紹介は、こちらの記事からどうぞ

【SwitchBot】シーン機能で自動に設定・一括設定する方法【温度計・電気】

タイトルとURLをコピーしました