足元がっしり Dell23インチ S2319HS モニターを使ってみた

生活雑貨

先日届いた、「Dell モニター 23インチ S2319HS」の使用感をレビューします。

あまりこだわり無いけど、モニターが欲しい方にはオススメです、

いいとこ・悪いとこ、細かい用語解説を踏まえてみていきましょう。

スペックは?
  • 画面サイズ:23インチ
  • パネルタイプ:IPS・ノングレア
  • 入力コネクタ:HDMI・VGA・DisplayPort
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • アスペクト比:16:9
  • 応答速度:5ms
  • 調整機能:ピボット機能・VESA100mm対応・チルト機能・スイベル機能・高さ調整機能
  • その他機能:USB3.0ハブ
  • 付属品:HDMIケーブル・ SuperSpeed USBケーブル ・ACアダプター
いいところ
  • 買ったまま縦型に設置ができる
  • 視野角が広い
  • ノングレアのため、長時間の作業に向いている
  • 価格の割に堅牢なスタンド
  • ベゼルが狭く、サブディスプレイとして違和感なく使用できる
わるいところ
  • 私の使用環境では、モニターが大きかった
  • USBハブの使い所がまだわからない
  • 音声出力が無いため、必要に応じてスピーカーが必要

悪いところについては、自分の使用環境の話ですね笑

細かい用語がわからない!

って方向けに、簡単な用語解説もしていきます。

スポンサーリンク

画面スペックについて

画面サイズは23インチです。

PCで作業をするにはこれくらいの19~24インチ程度が良いとされています。

TVと比べると小さく感じますが、大画面すぎると視線のがあちこち動かす必要があるため、使いにくく疲労が溜まりやすくなります。

映像の鑑賞や迫力を求めるゲームであれば大画面でも構いません。

使用感を確かめて見たい方は、ご自宅のTVにHDMIケーブルで接続してみましょう。

私は、顔と画面の距離が60センチの縦画面で使用していますが、画面がこれ以上大きかったら厳しかったなという印象です。

横向きで使用する分には快適に使用できます。

一方で縦型の場合は70~80センチほどの距離感があったほうが見やすいかもしれません。

 

パネルタイプはIPSのノングレアタイプになります。

現在主流のパネルタイプはIPS・VA・TNの3種類があります。

IPSはサブディスプレイ用や作業用向き
  • 視野角は広い
  • 反応速度は普通
  • 色再現は良い
  • 黒の表現が苦手
VAは映像鑑賞向き
  • 視野角は普通
  • 反応速度が遅い
  • コントラストや黒色の表現が優秀
TNはゲーム向き
  • 視野角は狭い
  • 反応速度が早い
  • 色再現はそうでもない

グレア(光沢)とノングレア(非光沢)について

グレア:色が鮮やかで映像がキレイだが、光の映り込み安く、目が疲れやすい

ノングレア:色味が地味だが、光の映り込みが少なく、目が疲れにくい

今回は、サイトの閲覧やブログ用の用途として探していたので、視野角が広いIPSのノングレアを選びました。

 

解像度(1920×1080 フルHD)とアスペクト比(16:9)は現在の主流のものですね。

フルHDってなんぞや?って方は、ブルーレイディスクと同じ位の綺麗さと思ってもらえば良いと思います。

時代を先取りして4k対応がいいぜ!なんて方は、解像度が3840×2160になってきます。

 

反応速は 5ms です。

こちらは数値が小さいほど反応が良くなっていきます。

繊細な作業が必要なゲーム用のモニターは1msなどが発売されていますが、通常の用途であれば気にする必要は無いかと思います。

機能面について

調整機能について、ウワーーーーっと横文字が続いています。

嫌ですね。横文字きらい。ワタシワタチジャバニーズピーポー。

ピボット機能:画面をくるっと90度回転して縦向きに設置できますよ

チルト機能:奥や手前に倒して傾きを調整できますよ

スイベル機能:画面を右や左に首振りして位置調整が可能ですよ。

ぴよチカ
ぴよチカ

縦向きにしたときは、ピボット対応のモニターじゃないとダメなの?

そんなことはありません。

VESA対応モニターであれば、モニターアームを取り付けることで、位置調整をすることができます。

vesa

画面の後ろにネジ穴が付いていますので、ここを外して

このようなアームを机とモニターに接続すればok

VESAについては、75mm×75mmや100×100mmなど規格がありますので、使用や背面を計測してみてくださいね。

 

こちらはアップストリームusbポート

こちらを付属のケーブルを用いてpcにつなげると、モニターのusb ポートを使用することができます。

usb3.0対応のものが付属

ポートが不足している方には良い機能ですね。

その他接続端子はこちら。

こちらは背面ですね。

パソコンとの接続は、端子の形を確認してください。

最近のものであればほとんどHDMIでこと足りると思われますが。

この他に、画面の左側面にはusb3.0のポートが2個ついています。

その他 スタンドとか

付属品一覧

こちらは付属品一覧です。

マニュアル

付属のマニュアルです。確認しなくても感覚的に接続できました。

その他にも安全のために的な栞が、10ヶ国語くらいで書かれていました。

語学学習したい方がいれば、プレゼントします。

スタンド

スタンドは意外とがっしりしていて安定感抜群です。

デグーの突進にも負けませんでした!

お尻可愛いですね。

こんな感じのサイズ感です。

まとめと注意点

最後に注意点として、「縦にして使いたい!」という場合、

必ずディスプレイ設定から、pcが縦画面に対応しているか確認してから購入してください。

画面の向きを「縦」に選択できる状態であれば大丈夫です。

設定方法及び確認方法はこちらから

縦型モニターでもっと時短に 対Excel&サイトの閲覧さいつよ説

 

全体的に価格を抑えながら、必要十分な機能が揃っていると思います。

文書作成やサイト閲覧などで2枚目のモニターを探している方にはおすすめです。

なにより、デグー(190グラム)の突進に耐えられる堅牢性は安心できますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました