【初心者】アニマルウェルフェアとは?簡単に解説します。

仕事・産業・環境

アニマルウェルフェアということばを聞いたことがありますか?

日本語では「動物福祉」と訳されることもあります。

まだまだ日本では馴染みのないアニマルウェルフェア。

主に畜産業にて使われることばですが、黒船のように新たな思想として、外国からもたらされました。

この記事ではアニマルウェルフェアの基本的な考え方と、日本での現状及びヨーロッパ諸国での取り組みについて解説します。

この記事の内容
  • アニマルウェルフェアってなに?
  • 取り組みが進んでいる国は?
  • 日本では取り組まれてるの?
  • 私たちはどうしてったらいいの?

この記事では、アニマルウェルフェアの是非や、現在の飼養方法の是非を問うものではありません。日本では、まだまだこれから議論されていく課題であり、選択は個人と企業がこれから決めていくことと思われます。

スポンサーリンク

アニマルウェルフェアの基本原則 5つの自由

アニマルウェルフェア(Animal Welfare)は国際獣疫事務局(OIE)によると、「動物が生活及び死亡する環境と関連する動物の身体的及び心理的状態」を指しています。

つまり、生きていれば良いではなく、畜産動物等が生まれてから死んでしまうまでの間、どのような生涯を遂げるかに焦点を当てた考え方です。

OIEのガイドラインでは、5つの自由を指針として打ち出しています。

アニマルウェルフェア 5つの自由

  1. 飢え、渇き及び栄養不良からの自由
  2. 恐怖及び苦悩からの自由
  3. 物理的及び熱の不快からの自由
  4. 苦痛、障害及び疾病からの自由
  5. 行動様式を発現する自由

つまり、安全なエサと水が十分にあり、広々したところで健康的な生活が送れて、不必要な痛みを伴わないような飼い方をしてあげましょうね。ということ。

1~4番については、達成してあげたほうが生産効率も上昇するため、受け入れられやすいかと考えられます。

(痛みや恐怖などについては、例えば牛さんの耳についてるピアス(耳標)はどうするの?など、畜種によって議論がされています)
 

この5つのなかで、特に達成が難しいのは「5.行動様式を発現する自由」ですね。

これは、たとえばハムスターをペットで飼っている方は、回し車を設置してあげていますよね?

それと同様なことを畜産動物にもしてあげましょう、といったことです。

アニマルウェルフェアはEUからやってきた

この考え方は、イギリスを中心としたEU諸国から発展し、アメリカなどにも波及しています。

EU諸国は、この手の権利に関わる議論がよくなされていますね。

現在では、いくつかの企業がアニマルウェルフェアに配慮した食材の使用を宣言するまでになりました。

スーパーマーケットでも、ラベル表示をしたり、配置を売れ筋のラインに配置するなど取り組みを行っているスーパーもあります。

ぴよチカもアメリカやヨーロッパの視察で見てきましたが、本当でした。

日本ではどれくらい浸透しているの?

みなさんほとんど知らないですよね?

それが答えです笑

アニマルウェルフェアの行動発現は、いわば付加価値を狙える部分です。

スーパーで、そんなポップ見たことありますか?

この鶏肉は○○をして育てています!!って。

イメージだけでいえば、平飼い卵については、一理そのように言えるかもしれませんね。

でも、そのようなこだわり商品って、高い


現状、平飼い卵しか買わない方って、どの程度いらっしゃるでしょうか。

たとえばすべての鶏肉・豚肉・牛肉を国産で、さらに何倍かの金額を出して、購入できるでしょうか。

我が家は、基本的に卵が1パック100円・お肉はグラム100円を基準として購入していますので、現状無理ゲー。

 

しかし、国際社会(というか欧米諸国)では、BBFAW(畜産動物福祉に関する企業のベンチマーク)が出てきまして、日本企業は軒並み低評価。

そりゃそうです。認知がされてないので、需要がなく日本は今からどうしていくか決めていく段階ですからね。

 

一方で、このアニマルウェルフェアに配慮した生産を突き詰めすぎると、生産効率は下がります。

同じ喫茶店でも、ドトー〇コーヒーは1杯200円でサッと飲んで終わりだけど、ルノ〇ールのコーヒーは2~3倍します。

200円のコーヒーは回転率や収容率を上げないと利益がとれないでしょうし

600円のコーヒーは付加価値を付けなければお客さんが来ませんね。

要は、どちらが良いとか優れているとかではなく、コンセプトが違うんですね

 

まとめ

国際社会は、いま、日本も取り組みなよーチラッチラッ|д゚)

と、アニマルウェルフェアの普及の波を押し寄せてきています。

資源の少なく平野の少ない日本で、この非生産的なアニマルウェルフェアを推進していくには、価値観の見直しがなければ難しいことでしょう。 

SDGsに配慮してかつアニマルウェルフェアも考慮した食品じゃないと、オリンピックで使えないよーとか、日本遅れてるー!とか、

国際社会からのゆるやかな圧力によって、われわれの価値観の再構築が迫られていますね。

 

600円のコーヒーしか並ばない時代がくるのでしょうか。

そのときは、皆さんのお給料はあがっているのでしょうか。

いい感じに、日本流のアニマルウェルフェアが開発されたらいいんだけどね。

250円くらいのコーヒーでちょっといい雰囲気なやつ。

ブログ に 書きたくなる 超濃厚 卵 養鶏場 直送 美味たま(30個)

タイトルとURLをコピーしました